2018年04月12日

皮を使ったアロエ風呂

アロエ美容ではゼリー部分を多く使いますが、残った緑色の部分は入浴剤に使います。肌を清潔に、しかもなめらかに仕上げるアロエ風呂はアロエの有効成分が入浴中にじんわり働いて皮膚細胞を活性化させ、全身の肌のくすみ・疲れをすっきりとりさる効果が抜群です。
  1. ほかのアロエ美容で使って余ったアロエの緑の皮の部分
    緑色の色素が出なくなるまで、流水でよく洗う。
  2. ガーゼなどで袋を作って、その中に1を入れ、口をひもで縛る。入れるアロエの量は、ひとつかみ分が目安
  3. 風呂が沸いたら、2を入れて入浴。有効成分が湯にとけ出して、肌のすみずみまで行き渡り、しっとりなめらかにととのえてくれる。アロエはそのつど新しいものを使うのが基本
アロエ酒の作り方
posted by アロエマン at 15:55 | Comment(0) | アロエ化粧水

2018年04月10日

ひじ、ひさざ、かかとのがさつき

ひじ・ひざ・かかとの3ヶ所は手入れを怠けて放置すると、ガサガサと黒ずんできてしまいます。これは角質の硬化が原因でアロエゼリー部分をガーゼに包んだものをグルグルこすることで解消できます。
ガサガサ・黒ずみなどがかなりひどくても入浴のたびに行えば必ずツルツルになりますから焦らずに続けることが肝心です。
  1. アロエのゼリー状の部分を5〜6cmあらく刻みガーゼに包みます。清潔なハンカチでもOK。
  2. 体を洗って入浴し、体を温めてから1をひじにぐるぐると30回マッサージする。
  3. 膝もひじと同じ要領で1をあて、グルグル30回こする。アロエには角質をやわらかくし、無理なくはがれ落ちるようにする作用がある。
  4. ゴワゴワかたくなってしまったかかとも、1で30回グルグルとマッサージすると、やわらかくなめらかになる。ひび割れたような荒れたかかともすべすべになる。
posted by アロエマン at 11:33 | Comment(0) | アロエ化粧水

2018年04月02日

アロエ石けん入浴

その日の汚れや疲れは、その日のうちにさっぱりさせてしまうことが美肌すくりの基本中有の基本です。
心身ともにリラックスできる入浴タイムを利用して、アロエの美肌成分をムダなく全身で吸収します。
アロエ石けんは、アロエの洗浄・殺菌成分と保湿成分が同時に皮膚に浸透して肌を清潔に仕上げ、くすみのないなめらかな肌を生き返らせます。
  1. 腕は内側を上から手先までこすり下ろし、次に外側を手先から肩までこすり上げる。20回繰り返す。アロエ石けんのアロエの面を肌にあてること
  2. 足を洗うときは、足の外側をウェストからつま先までこすり下ろし、内側はつま先から股のつけ根までこすり上げる。これを10回繰り返す。
  3. おなかはへそのまわりから時計回りに小さな円を描きながら洗っていく。胸元も、それぞれ時計回りに小さな円を描きながら洗っていく
  4. わきの下は上からウェストまでこすり下ろし、次に逆方向にこすり上げる。右わき、左わきの順に。アロエ石けんはアロエの面を肌にあてること
posted by アロエマン at 09:44 | Comment(0) | アロエ化粧水